×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

窓の外に皮を投げた。

もう一つ投げてむいて皮を投げた。バナナでライフゲージが少し回復したらしい。

通行人よ!皮ですっころびやがれ!

しかし、マリオカートでもバナナの皮でしてやったりするのは、至難の技だ。

ましてや、僕のバナナで転ぶとは思えない。

 

佐々木と高橋、転びやがれ!

ラブラブの二人はいつも僕の家のこの窓の下を通る。

もうすぐ卒業式。

日々、この二人の愛は増すばかりだ。

卒業式にバナナで転びやがれ!

 

もう一つ皮を投げた。

 

暑い。

 

…窓の下で犬の鳴き声がする。

もう一つ投げた。

まさか、皮が当たってほえてんの?

最後の一本を食べた。そして皮を投げた。

 

犬がうるせー。

バナナごときでじたばたしてんじゃねーぜ!

 

僕はつばをかけてやろうと、窓から首を出し、下を見た。

ファッキン犬がいやがる。

バナナの皮もいっぱいだ。

 

……血?

……あれは手?

足?…そして首?……高橋?

 

「うわあああああ!!!」

 

僕が窓の下に見たものは

血の海に点在する高橋のバラバラ死体だった。




                                    つづく

「僕のイッツアビューティフルサンデー」    作:吉田智道 

第4話

僕のイッツアビューティフルサンデー

Copyright © JESUS ENTERTAINMENT. All Rights Reserved.